【2種電気工事士】技能試験の工具はセット買いが絶対お得な理由!

2種電工技能試験のコスパ最強工具セットはコレで決まり!

 

第2種電気工事士の技能試験の練習を始める時に思うのは、

「一体何を買ったらいいの?」
「ぶっちゃけどの工具を買えば合格しやすくなるの?」

ということだと思います。

必要な工具と電材品を買うポイントは、

①工具は作業効率を高める物をケチらずに買う事(ケチると後悔します、、)

②電材品はたっぷり買う!(ケチると練習量まで減るので、結局不合格になります)

この2点ですね!

絶対にケチってはいけません、、、私自身はケーブルストリッパーをケチって1回目の受験は落ちました、、

どの工具、電材品もホームセンターで買いそろえる事は可能なんですが、

①全てを買い揃えていくのは結構な手間!
②個別で買い集めるのは結局割高になる!!
となってしまいます。

工具と練習用の電材をセットにして割安に販売している業者が多いですので、
それを利用した方がコスト的にも絶対お得になります!

「単品買い」よりも「セット買い」の方が安く買える!

コレ、常識ですよね。

私自身は工具も電材品も全部をホームセンターで個別に買い集めましたので、
割高になりましたし、変にケチってしまいケーブルストリッパーを購入しなかった為、時間切れで不合格となった苦い経験があります、、、電工ナイフで節約しようとしたのが裏目に出たパターンです、、、

私自身の失敗経験をふまえつつ思うのは、

「技能試験の練習は、とにかく最初に必要な物を一気にケチらず買い揃える」

「買い揃えるなら割安で買えるセット販売で買わないのはもったいない!!」

コレです!

不合格で1年後の再受験となるのはあまりにも長くて、悔しすぎるので
受験される方は一発合格を目指しましょう。

それでは、
実際にどの工具を買うべきなのかを深堀していきます。

 

買わなきゃヤバい工具はコレ

技能試験において合格を大きく左右する工具があります。

それは、

「ケーブルストリッパー」

 

他にもう一つのタイプのストリッパーあるので紹介します。

最初に紹介したペンチ型のストリッパーの方が安くて、銅線の加工も出てしまうのでコスパが高いなと思います。

ちなみに、私は2回目の受験では2つ目に紹介しているタイプのストリッパーを使用して爆速で技能試験を完了出来ました。

私の知り合いの多くは安い1つ目のタイプのストリッパーを購入している人が多かったですね。

要するにどちらでも試験をかなり有利に進める事が可能になりますよ~!!

ケーブルストリッパーは重要です!

何度も言いますが、、、電線加工速度が恐ろしく早くなる!!!コレは本当に大切。

金で試験時間を買い取るって事ですね。要するにリターンの大きな投資です。

私自身は1年目はこのケーブルストリッパーを店頭で買うか迷ったあげく、

「電工ナイフでかんばるぞ!これなら1000円以下で買えるし」

と血迷い、電線も買う量をケチったのでナイフさばきも下手くそで、
結局、時間切れで試験不合格という結果でした、、、

このケーブルストリッパーさえあれば、練習量の少ないその当時の私でも、
恐らく余裕で試験合格してたと思いますね。

他に必要な工具って?

①電工ペンチ 

こいつは絶対必要です!持ってないと作品が未完成不合格になります。

今どき試験もコネクタで電線を接続しろよっ!と思うのは皆同じ、、

試験団体が指定する工具は必須ですのでお布施感覚で買うよりほかありませんね~。

コレは黄色グリップのタイプの試適合品のみが試験会場で使用可能です。

メーカーとかどうでもいいすので適合品を選んで買いましょう!

※商品の箱に「電気工事士試験認定品」みたいな文字が書いてあったはずですね、、

 

②普通のペンチ

信頼のHOZAN製のペンチです。ペンチってプロは5000円とか8000円とか高価な物を使用しますが、

こいつは2000円以内で購入出来てまあ末永く使用できるレベルですので選んで損は無いでしょう。

③電工ナイフ(カッターナイフで代用する人も結構いますね)

電工ナイフはHOZANのコイツが定番ですね。

アマゾンでも人気1位です! 私は1回目の受験ではストリッパー無しのこのナイフのみで挑んで散りました、、、。

カッターでも代用は可能かもしれませんが、銅線とガチガチ刃を当てる作業が多いので、この肉厚のナイフが作業が断然しやすいんですね。1000円以内で買えるので絶対買うべきだと思います。

④ウォーターポンププライヤー

あまり使用しない工具ですが、無いと不便なプライヤー。

アマゾンで売り上げ1位のプライヤーを紹介しときます。

値段もかなり安いのでお得な品ですね。

⑤プラスとマイナスのドライバー各1本(1本400円程度の安物でも十分です)

⑥メジャー(自動巻取りはダメ、固定できるやつがGOOD)

これにケーブルストリッパ-を加えた7点の工具があれば勝てます。

ざっと紹介した7点の商品ですが、これらを1つづ単品買いするよりも

セット販売がどれくらいお得かを検証していきます。

これだけお得な工具のセット販売!

とにかく電気工事士の技能試験に臨むためには

「7つの工具が必要!」ということは理解していただけたかと思います。

それでは、

次に気になるのは、

「ぶっちゃけ、どのセットを買えばお得に買えるの!?」

という事だと思います。

結論から言いますと、

現在日本で一番売れてると思われるお得なセット販売工具はコチラです!!

やっぱり電工2種試験と言えばHOZAN製の工具っす!!

ちなみにアマゾンのセット販売工具の売り上げランキングでも堂々の1位ですよ~。

 このセットの値段約9700円程度!しかも送料無料、、、

電工2種試験の技能試験受験者のほとんどがこのHOZAN製のケーブルストリッパーで試験本番に臨みます!

ですので、、

「HOZAN製」のセットさえ買っちゃえば後はひたすら実技の練習を繰り返すのみですね。

逆に、単品で買いそろえるとこうなります⇓

ホーザン(HOZAN) VVFストリッパー ・・・3,056円

②電工ペンチ(リングスリーブ圧着工具)・・・3,705

③ペンチ ・・・約1,400円

④ウォーターポンププライヤー・・・550円

⑤電工ナイフ・・・800円

⑥メジャー・・・500円

⑦プラス、マイナスドライバー各1本・・・800円

合計で10811円 

上記の値段はアマゾンや楽天での安値の価格で紹介しております。

ホームセンターなどケーブルストリッパーなどを購入するとほぼ間違いなくもっと高い値段で販売されているはずです。

単品でばらばらに買うと、セットよりもだいたい2000円程度は割高ですね!

セットで買えば工具収納ケースも付属してるので絶対お得です。

【まとめ】

2種電気工事士の技能試験の必要工具を買うならば、

①単品ですべてを買いそろえると約10800円!

②人気ナンバー1のHOZANのセットを買えば約9700円!

つまり、、、

セットで工具をサクッと買えば時間も掛からず、楽だし、

約2000円の節約が可能になる!!