今年は転職活動で内定が出やすいと断言できる理由

【2016年9月】転職活動するなら今がオススメの理由

 

転職活動をしようと考えた時、

気になるのが

「今の日本は求人数が多い or 少ない ?」

という事だと思います。

求人数が多い時期絶対に就職、転職しやすいです!!

逆に

求人数が減少している状況なら

皆で良い求人を奪い合う状況になって就職難となりますよね。
「現在は求人数が多いのか(・・?」

気になりますよね?

今回は

 

「有効求人倍率」

という観点から、

現在の求人状況をざっくり見ていきたいと思います。

 

【そもそも有効求人倍率って?】

厚生労働省管轄のハローワーク

「企業の求人数」と「求職者数」を把握して

発表する数値です。
(ハローワークはあくまで転職、中途採用の求人ですので新卒求人は含まないです。)

簡単な具体例を示します↓

 

①「有効求人倍率・・・1.0」=企業が求める求人数と求職者数が同じ数!

採用側と求人側がイコール!
この状況なら皆がどこかしらへ就職できる状況です。

 

②「有効求人倍率・・・0.9」=求職者数より求人数が少ない!

採用側が有利!

この状況なら全員が就職は出来ません。失業者が発生しますし
就職、転職活動も激化します。

 

③「有効求人倍率・・・1.1」=求職者数より多くの求人がある!

求職者が有利!

企業の求人が多くても、人がなかなか来てくれないという状況です。
好景気ですね。つまり賃金や福利厚生をアップして求職者をあの手この手で
獲得しにくる状況です。

 

では、

2016年現在の有効求人倍率ってどうなのか?

 

【現在は求職者有利の状況になっている!】

2016年9月に発表された「最新の有効求人倍率」は、、、

1.32

でした!!

かなり良いじゃないですか~!!!

 

今の日本って

完全に我々求職者が有利のゲームなんですね!!
超うれしい限りですね!

転職しようとする人は自信がもてませんか!!!?
ノリノリで行きましょう。

現在の日本はなんやかんやで

転職希望者には良い状況なのは間違い無しです。

推移のグラフ(年収ラボより)

 

でも、

辛い辛い暗黒時代もあったんです、、

 

【就職出来ない冬の時代】

「今の有効求人倍率が如何にGOODなのか!」
が分かる指標があります。

 

①2011年 東日本大震災     有効求人倍率 0.68
②2009年 リーマンショック後  有効求人倍率 0.45
③2013年 アベノミクス発進時期 有効求人倍率 0.97

 

リーマンショックの直後の2009年のひどさが突出してますね!

この時代は、、、
転職エージェントの営業マンが各企業の採用担当者に
「求人ありませんか~?」

なんて伺っても
「リストラしたいのに求人なんて無いよっ馬鹿野郎!」
と怒られた時期です。

 

この時期はアルバイト、パートも就職難でした。

特に工場地帯などは生産停止が相次ぎ、解雇された人などが

猛烈な勢いでパート求人、アルバイト求人に流れ込んだんですね、、。

アメリカなどが勝手にバブル崩壊しやがったら、

日本の庶民の転職活動にもとてつもない影響があります。

いつバブル崩壊になるか分かりませんので、

庶民は転職するなら求人数が多い時期に!が基本だと思います。

 

【まとめ】

要するに、、
①2016年現在の日本はかなり転職しやすい状況!
②数年前の就職難時代からしたら超ラッキーな状況!
③リーマンショックみたいなバブル崩壊が起きたら状況は一変する!

この3点を頭の片隅に入れてばりばり転職活動していきましょう!

【最新!】大手鉄道会社系列のビルメン会社ランキング!!

【激レア】東証1部上場しているビルメン会社をまとめてみた!

中高年の転職に有利なビル管理資格まとめ(資格別の求人数!)

【未経験のあなたがビルメンテナンス会社へ転職するには?】