ビルメン転職で勝てる職務経歴書!(キャリア式の書き方編)

ビルメンテナンスへ転職で勝てる職務経歴書!(キャリア式の書き方編)

 

職務経歴書の書き方では

編年体式
キャリア式

の2種類の書き方があります。

➡ 編年体式での職務経歴書書き方見本はコチラです!

キャリア式ってどう書くのか(・・?

ざっと紹介したいと思います。

 

【キャリア式のメリットって?】

 

職務経歴書においてキャリア式のメリットとは、

ずばり、、

①実績、業績が伝えやすい!
②転職先に関連する実績を伝えやすい!

この2点だと思います。

技術職の転職では

「どのような案件に関わったか?」
「身に着けた技術が転職先でも活用できるか?」

は非常に重要です。

 

「前の会社では○○㎡の現場で、○○KV受電で、、実際には○○の点検を担当」

などと具体的に書けば、

採用担当者も

「この人は当社のあの現場担当を任せるのに丁度よいキャリアだな!採用!」

とスピード感を持って事を運べます。

 

「どの会社に所属していた人なのか?」

よりも

「どのレベルの技術を持った人なのか?」

が技術職ではより重要ですので、

この点を伝えやすいキャリア式が好まれるのですね!

 

【キャリア式って誰でも書けるの?】

 

キャリア式は上記で書きましたように、

非常にパンチ力のある職務経歴書を作成できる書式です!!

しかし!!、、、

この書式を活用できるのは(ビルメンの現場職での場合)

①ビルメン実務経験者
②その他の技術職出身者(電気、設備、建築、通信等

このどちらかでしょうね。

関連のない経理、総務などのエキスパートでは書いても

「いや~現場で修理とか出来る人の採用活動なんで、、」

と採用担当も困惑してしまいます。

このような未経験者は編年体で書けば良いわけです。

 

【キャリア式の書き方】

①会社名     ○○株式会社
②会社の業種   設備管理業
③社員数     150人
④資本金     3000万円
勤務期間    平成○年○月~平成○年○月

⑥担当管理物件名 ○○ホテル
⑦延べ床面積   10000平米
⑧担当した期間  平成○年○月~平成○月○日
⑨実務経験    ○○設備保守点検、○○設備の法令点検、○○修理業務

2社以上経験があるなら⑥から⑨を繰り返して書き込みます。

⑩取得資格    消防設備士乙種4類(平成○年取得)など全て記入
⑪アピールポイント   これで自分の実績を売り込む!

中でも重要な点は

当然ながら⑨「実務経験」です。

そして、

⑥の「担当管理物件名」も担当者は気にするでしょう。
自社の管理物件パターンに適した経験か分かり易いですので。

⑩の取得資格は言わずもがなチェックされます。

【まとめ】

①ビルメンの実務経験者
②その他の技術職経験者
は編年体式よりもキャリア式がおすすめです!

ビルメン転職で勝てる職務経歴書の書き方見本

ビルメンの転職で勝てる職務経歴書の書き方見本① 【編年体編】

【お金!】 ビルメン、ビル管理業界の年収って?

ビルメンテナンス、ビル管理会社の内定が出る志望動機の書き方はコレ

【運命の分かれ道!?一番気になる配属現場の当たり外れ、、、、、ぶっちゃけどうなん?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA