【建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)】  ビルメン資格研究!

【建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)】  ビルメン資格研究!

これほど正式名が知られない資格も珍しい!ビル管理業界の一つの頂点!

【難易度】☆☆☆☆☆

【実務で役立度】☆☆☆☆☆

【学習範囲にゴキブリとかあって気持ち悪い度】☆☆☆☆

【試験日】平成28年10月2日(日)
【試験の主催者】公益財団法人日本建築衛生管理教育センタ ー

【合格率】合格率は30%~8%と恐ろしいほど年度で違うのが特徴です。

直近では平成25年度が合格者が少なかったです。

受験者数 合格者数 合格率
平成27年度 9827 1861 18.9%
平成26年度 10,095 2,335 23.1%
平成25年度 9,441 1,000 10.6%

【ビル管理士の受験資格】

以下の建物で「建築物における環境衛生上の維持管理に関する実務」

2年間行った人

※(実務証明を会社に発行してもらわないと受験出来ません)

  • 興行場(映画館、劇場等)、百貨店、集会場(公民館、結婚式場、市民ホール等)、図書館、博物館、美術館、遊技場(ボウリング場等)
  • 店舗、事務所
  • 学校(研修所を含む)
  • 旅館、ホテル
  • その他の類する建築物建築物における環境衛生上の維持管理に関する実務(病院、保育所、老人ホームなど)

「建築物における環境衛生上の維持管理に関する実務」って何なの?

  • 空気調和設備管理
  • 給水・給湯設備管理
  • 排水設備管理(浄化槽法第2条第1号に規定する浄化槽の維持管理を含む)
  • ボイラー設備管理
  • 電気設備管理(変電、配電等のみの業務を除く)
  • 清掃、廃棄物処理
  • ねずみ、昆虫等の防除

これらが実務経験と認められる実務です。まあビルメンテナンス会社の業務そのものって感じですね。

ビルメンテナンス三種の神器資格!

電験3種が無くてもこのビル管理士があれば一人前と見られます。

正式名は建築物環境衛生管理技術者です。

が、、

ビル管理業界の人でも正式名を正確に答えよと言われると

8割の人は答えられないでしょう、、、

ほぼ全員がビル管理士と呼びます!

ビル管理管理士は何度も書きますが三種の神器資格です。

電験3種が電気設備に関する頂点とすれば、

それ以外の空気、水などの
環境を取り仕切る頂点資格がビル管理士というイメージです。

試験の難易度は高くて、

実務経験者でもひたすら暗記作業を繰り返さなければ合格不可能です!

ビル管理会社が請け負う規模のビルは
ほぼビル管理士の選任が必要になります。

ビル管理士はオーナーから選任されてオーナーの代わりに

ビルの衛生環境を管理します。

そして年に1度の保険所職員の査察に対応します。

具体的には、

そのビルの空調機のフィルター交換はきちっとしてるのか?

水槽の内部はきちんと定期清掃されているのか?

二酸化炭素や粉塵などの空気環境を定期的に測定しているか?
などなど、

他にも結構多い管理項目があります。

つまり、

いい加減なビル管理士が管理しているビルは、
水、空気が不衛生と言えるでしょう。

ビルのお客、テナントの為にも適切な知識を持つビル管理士がしっかり業務をしなければなりません。

電験3種は計算問題が多くて、計算が苦手な人はとても不利な資格ですが、
このビル管理士99%暗記で倒せる資格です。

その暗記の量が相当膨大なので挫折者が多くなるのですが、

電験3種を受験しない人は何度でも挑戦して必ず合格しましょう!!

ビル管理士の勉強方法、おすすめ参考書、過去問題集はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA